波乗りログ

スクールコメント

11日月18日ボディボードスクール ライディングチェック

プライベートレッスンを行いました。

膝前後、たまに腿~腰と厳しいコンディションでしたが、ボディボードなら乗れる波ありました。

写真アップできず・・フェイスブックに載せました。

 

今回はグーフィーの波がほとんどなくて、苦手のレギュラーの波での練習になりました。

が、結果的にいいライディングができて良かったです。

いままで、レギュラー方向になると肩の向きがおかしくなり、レールを長く入れられずスピードに乗らないライディングになっていましたが、力が抜けて、レールをいい感じで使えていました。

ロングライディングできていました。

小さい時こそ基本が大切です。

今回のレールの使い方を忘れずに!

スクールコメント   2014/11/19   山崎 京子
タグ:

11月1日ボディボードスクール/ボード試乗&ライディングチェック

20141101 00...

 

20141101 00...オンショアコンディションで貸切でした。

スクール30分前に突然のオンショアに加え、雨・・

波乗りしていた人はみんな上がって行きました。

今回は、ボードの試乗でした。

柔らかい素材のボードを3種類、試しました。

長さ、テールの形、ボードの幅、ノーズ幅などの違いを試してもらいました。

体力、筋力が変わり、最近のライディングはノーズを押さえられていない感じだったので、ボードを変えてみるのもいいタイミングなのかもしれませんね。自分の体力にあったボードに変えると、楽にライディングできます。

 

調子のよかったボードは、意外にも細めの難しいボードでした。

人によって違うものですね。

ターンにスピードがありました。

レールを入れるのが楽で、レールの切り返しが素早くできます。

 

ライディングチェックも行いました。

改善点は、

①テイクオフの時に肩がぶれている・・

指摘したら良くなりました。常に気をつけて、癖にしないように。

②テイクオフ~ターンの時の目線、レールがあまい・・

ノーズをしっかりと押さえつつ、進行方向へ目線を向ける時にもっと波の上の方、ショルダー遠くをみましょう。そして波側レールを長く入れましょう。腰荷重が弱いです。出だしのライン取りを間違わないように。

③スピンの上体起こしが不完全・・

上体が起こせていません。背中の柔軟性が欲しいですね。脚もしっかりクロス出来るのいいですが、キレイにクロスできなくても、今は脚がぶれているのでしっかり上げられるように。

④エルロロの目線が先を見てしまう・・

ターンしてここだと思ったところに行けるように。ライン取り、目線、上体の使い方の間違いを今度動画やビデオに撮ってもらうといいです。どこが違っている言われるよりもはっきりと分かるはずです。

暴風雨の中、お疲れ様でした。

すごいバットコンディションでしたが、暴風雨の時の方が割れていましたね。

20141101 00...

スクール終了近くなり、オフショアの暴風雨になり、終了したら風が弱くフェイス整っていましたね。

あまり割れなくなった時の写真。

 

 

スクールコメント   2014/11/01   山崎 京子
タグ:

10月28日ボディボードスクール/ライディングチェック

20141028 00...

 

プライベートレッスンです。

グーフィーの波でスピンの練習をしました。

波のサイズは、胸前後、ごくたまに肩くらいのセットもありました。

ロングショルダーで早めのブレイクか、急に厚くなるブレイク。

風が強くなると風下へのカレント強くなり、ピークに戻るのが大変でした。

 

 

スピンの練習に入ってから、テイクオフ~ターンのレールの入れ方が甘くなっていたので、そこを注意して練習しました。目撃できなかったのですが、インサイドの方で一回転できたとのことでした。

テイクオフポジションを説明していてアウトにいたため見れずに残念でした。

何度かかけたフロントスピンをみたところ、失敗していましたが、その原因を書きます。

①レールを抜くのが不完全。

波側に体が残っているためにレールに荷重されたまま回転に持っていこうとして引っかかっています。体の位置をボード中央にしてバランスをとりましょう。

 

②ボードへの乗り込み不足。あと少し体の下に引き込めると良いですね。

 

③乗り込んだ時の膝の位置。膝を開き、両テールに乗るような位置で回すとバランスよく回転出来ます。

 

以上頑張ってください。

練習あるのみ!

それと、1本サイズのあるグーフィーの波に乗ることができました。

良い波でしたね。

レギュラー方向もあんな感じで乗れるといいですね。

お疲れ様でした。

 

スクールコメント   2014/11/01   山崎 京子
タグ:

10月25日ボディボードスクール/ライディングチェックYさん

20141025 02...

 

20141025 02...

ライディングチェックです。

波のサイズは胸、肩、頭くらいで、スクールには大きかったですね。

スピン、カットバックのチェックをしました。

まずはテイクオフの時の差し乗りのくせがありました。これチェックですね。

少し前のめりの姿勢を直すともっと早くレールが入れられますね。

カットバックは、カットバックしようと考えているのか、レールか甘くなってボトムターンのスピードがつきません。まずは、しっかりとしたターンですね。

 

スピンは、テールを流したら、波と向き合う少し前から上体を起こし始めますが、もう少し高く起こせるとよくなります。上体が低いとレールが引っかかりやすいですね。ボードを体の下に引き込む意識で、引き込む時に上体を高く持っていきましょう。

波待ちのポジションもう少し考えたほうがいいですね。

サーファーに波を取られてしまっています。

波のピークから行きましょう。ショルダーから良くない波を乗るのではなくて、いいポジションから乗れるように波待ちのポジションからしっかりやりましょう。

 

20141025 02...

 

 

 

スクールコメント   2014/10/29   山崎 京子
タグ:

10月25日ボディボードスクール/ライディングチェックKさん

20141025 04...

 

20141025 04...

 

20141025 04...

ワイドな波の入るコンディションでスクールを行いました。

波のサイズは、胸、肩、たまに頭くらい 次第にサイズダウン

スクールにはちょっと大きいコンディションでした。

 

今日のスクールは2名

ものすごく久しぶりにスクールを受けてくれたKさんは、自身がなさそうでしたが、最初からサイズのある波に行っていました。

レギュラーは姿勢が低くなってしまうのを気をつければ、まあまあいい感じです。しかし、レールの入れ方が甘いので注意してください。

グーフィーは・・目線を波のショルダー遠くへ、姿勢が低くならないように波側レールに寄せて、ノーズの押さえを強める事。

また一緒に波乗しましょう~

写真です。

20141025 03...

 

20141025 03...

 

20141025 04...

 

20141025 04...

 

20141025 04...

スクールコメント   2014/10/27   山崎 京子
タグ:

10月21日ボディボードスクール/ライディングチェック&スピンレッスン

20141022 06...

プライベートレッスンを行いました。

波のサイズは、胸、肩前後

南寄りの風が吹き付け始めましたが、地形が良いのでいい練習ができました。

スピンの練習を始めてから、レールの甘さが気になります。

レールを抜く!というのを考えているからだと思いますが、テイクオフ~ボトムターンの時は、しっかりとレールを入れてくださいね。今まで練習して出来ていたのだから、戻しましょう。

11月の奄美での波乗りでは、ボトムターンがしっかりできないと通用しません。

今までの練習の成果を試してきてくださいね。今シーズン、本当によくなったので。

 

ボトムターンで上体の使い方が腰をかばっている感じになっていました。

波側レールの荷重を強めに。

夏は出来ていました。

腰をかばうとお腹が浮きます。癖にならないよう気をつけてくださいね。

 

レギュラー方向が苦手・・という意識が強いけれど、全くダメではありません。

カラダの使い方を変えれば良いのですよ。

両方向できたほうがいいです。

スピンはとりあえず、得意のグーフィーで猛練習してください。

乗り込み不足、ヘッドムーブが不完全なところを変えていきましょう。

 

今シーズンすごく伸びましたが、スピンの練習まで来て、今、ちょっと停滞していますね。

大切なことは、しっかりとしたボトムターンですよ。レールの使い方ですよ。

ターンでスピードをつけてから繰り出す技を練習してくださいね。

トップターン、カットバックもいれてください。

ボードの写真、なるべく早く撮影して送りますね。

 

スクールコメント   2014/10/25   山崎 京子
タグ:

10月7日ボディボードスクール/スピンレッスン

20141007 03...本日のスクールはここで。

厚めのブレイクで乗れる波の数が少ない。

いい感じのセットはロングボーダーの方たちが乗るので、ミドル~インサイドのグーフィーを狙ってポジションしました。

20141007 03...こんな感じで波に乗るのが大変でした。

サイズは、腿、腰、腹

 

20141007 04...インサイドのグーフィーは数が少なく、狙っている人が意外といて、なかなかつかめませんでしたね。ポジションが悪いのと、うねりが入ってきた時にすぐに反応できていないので取られてしまいます。ここは難しいけれど、その日のブレイクのパターンがわかれば、先回りできるので、もっと波を読む力をつけたいですね。

 

20141007 04...インサイドのレギュラーは、スピンをかけやすい波でした。

しかし、かけられるのは、グーフィーだけ。

レギュラーでは、レールを切り返す練習をすることにしました。

 

●改善点

レールを抜いてテールを流すところが出来ていませんが、最近のスピンの練習で、せっかく良くなっていたテイクオフからのレールの使い方がダメになっています。波側レールの入れ方が甘いです。レールを抜くことを考えているのだと思いますが、まずはしっかりとボトムターンで加速しましょう。

ボトムターンからレールを抜く練習ですよ。

最初から抜けた感じの癖がつくとライディングがおかしくなるので注意してください。

乗り込み不足は、腰の乗る場所につけたワックスでした。

ボードを交換してみたら、乗り込みできず、スピンできませんでした。

半分位取りましょう。

ボードの剥離、少し心配ですね。

今度、スピンのレッスン向けのボードの写真を載せますので、見てください。

お疲れ様でした。

それと、家でスピンの一連の動き、イメトレしてください。

スクールコメント   2014/10/08   山崎 京子
タグ: