波乗りログ

スクールコメント

6月30日ボディボードスクール/スピンレッスンIさん

20150630 02...

今日はこれからスピンに挑戦する人のためのスクールです。

スピンレッスンは、すでに練習していて一回転できない人のスクール、スピンはできるけれど速く回れない、成功率が低いなど、いろいろなレベルに合わせて開催しています。

 

20150630 01...波は、こんな感じ。インサイドのレギュラーがショルダー切れて、練習のためのスピンかけられそうな波でした。グーフィーの波の方がよかったのですが、スピンができている人にはよいけれど、ブレイク早めなので練習中の人にはむずかしいコンディションでした。

サイズは、腰、腹、たまに胸くらい

水温ぬるくて、フルスーツでは少し暑いくらいでした。

 

 

今日のスクールは2名で行いました。

今回、初めて参加のIさん、ライディングチェックからです。

最初のテイクオフで、まだターンの練習から必要と判断して、一度上がってもらいビーチでテイクオフの練習をしました。ボディボードはうねりに押されて波の下へは最初からすべることができますが、波の下へ行ってしまうとフェイスは走れません。滑り出しの最初が大切です。

間違っているところ、改善点は、

●うねりに合わせるときの姿勢が低い

●うねりに合わせるタイミングが遅い・・ブレイクするときにボードを出すのではなくて、割れる前のうねりの段階であわせる。ノーズの押さえはよいです。

●目線が下を見ている。・・・ボディボードは見たところに進んでいきます。最初の目線を間違えるともうだめです。ビーチ、海の中で何度も説明しましたね。わかったと思います。何回かいい感じの出だしがありました。寄せてくるうねりを見ながら合わせられるように。

●波側レールに荷重していない・・・レールが使えていませんでした。波側レールを長く入れる方法をビーチで図説し練習しました。頭ではわかりましたね。身体が反応できるように、繰り返しの練習です。練習あるのみ!ノーズの押さえはよいので、腰荷重のタイミングをしっかりと。

●すぐに手を持ち替えている。持ち替えた下の手が前過ぎる。脇があまい。・・これは常に気をつけて直しましょう。

●ドルフィンスルーが浅い。・・・ビーチで練習しましたね。良くわかっていなかったようなので、これから練習ですね。ひざの送り出しですよ。

●ゲッティングアウトはタイミングを計る。セットががんがん入っているのに真っ向勝負で沖に出ようとしています。少し待てば楽に沖に出れます。その日のセットの来るパターン、カレントなどなど、海全体をよくみて判断しましょう。ゲッティングアウトで体力消費しないことです。

今回、あまり波乗りしていなかったので、自分の波乗り力、波を読む力がないことがわかりましたね。しかし、持ち前のガッツと突っ込みのよさで上達できる人だと思いました。

ラウンドをこなし、夏までに波乗りの体力をつけ、家でテイクオフ~ボトムターンのイメトレを続けてください。

新しくしたフィンは合っていましたね。

ビーティングは思ったよりも進んでいましたよ。

スパイナルのトレーニングの成果が出ています。

トレーニングに関しては、今までトータル的にボディコンディショニング、バランスを整えるトレーニングメニューでしたが、それにプラスして、ボディボーダーのトレーニングも加えていきましょう。メニューは私が考えますね。今は少しメニューが多いのでパワーアップトレーニングに徐々に切り替えていきましょう~。

お疲れ様でした。

また、一緒にボディボードできる日を楽しみにしています。

スクールコメント   2015/07/01   山崎 京子
タグ:

6月30日ボディボードスクール/スピンレッスンAさん

20150630 01...今日はこれからスピンに挑戦する人のためのスクールです。

スピンレッスンは、すでに練習していて一回転できない人のスクール、スピンはできるけれど速く回れない、成功率が低いなど、いろいろなレベルに合わせて開催しています。

 

20150630 01...波は、こんな感じ。インサイドのレギュラーがショルダー切れて、練習のためのスピンかけられそうな波でした。グーフィーの波の方がよかったのですが、スピンができている人にはよいけれど、ブレイク早めなので練習中の人にはむずかしいコンディションでした。

サイズは、腰、腹、たまに胸くらい

水温ぬるくて、フルスーツでは少し暑いくらいでした。

 

 

今日のスクールは2名で行いました。

定期的に私のスクールに通ってくれているAさん、最近はレールが少し使えるようになって来ています。自分では、上達しているかわからない・・と言っていましたが、何もできない本当のビギナーからみていますが、ライディングチェックのたびにできることが多くなっていますよ!

今回も日頃からよく練習していると思いました。

スピンのためのライディングチェックは・・

まだターンに改善すべきところがたくさんありました。

●波待ちのポジションが悪い

●テイクオフがショルダーからになっている

●うねりに合わせるタイミングが遅い

●ショルダーから乗ろうとして、たくさんビーティングしなければならず、その結果前のめりの姿勢になっている

●うまくうねりに合わせてテイクオフできても、目線がよくない。なんとなく斜めの進行方向を見ないでスクールで教えたところをみるように。

●波側レールへの荷重があまい。腰荷重のタイミングが遅い。もっと身体を波側レールに寄せて波のフェイスにへばりついていくつもりで上体を使う。

●テイクオフのビーティングが浅い。

●せっかくいいテイクオフができたのに、スピンをかけるところを走りすぎたり、プルアウトしてしまう。

●肩の力みでひじ荷重がうまくできない

できていないところを書き出しました。

この改善方法は、スクールでしっかり伝えたので自己練習でしっかりやってください。

 

スピンについては、まだ今のターンではなかなかかけにいけないはずなので、ビーチで身体の使い方を練習しました。これは、家で何度も身体に覚えこませてください。イメトレです。そして、海で動く波の上で何度もやってください。スピンの最初の失敗の多くが、乗り込み不足、レールの荷重が抜けていないための引っ掛かりです。そこまで自己練習したらまた見せに来て下さいね。

まずはレールをしっかり使ったターンができるように、練習頑張ってくださいね!

 

 

 

スクールコメント   2015/07/01   山崎 京子
タグ:

6月8日ボディボードスクール/スピンレッスン

20150608 00...今日はフロントスピンのレッスンです。

一回転するための練習をしました。

波が小さく、ハイタイドでわれにくく、どこではいるか悩みました。

最初は少しでも波数とサイズのあるところで行い、潮が引いてからわれ始めたところへ移動して行いました。

波のサイズは、ひざ、腿、ごくたまに腰くらい

最初は行ったところは流れすごく手馴れていないとポジションキープできませんでした。

移動してからまわす練習!

20150608 00...ボトムターンでしっかり加速しなければならないところで、レールを抜くことを考えているのか、レールがあまい。しっかりターンしましょう。

スピードがなくなってからかけてもうまくいきません。

 

 

乗り込み不足と、波側レールに荷重されていてレールがくっています。

引っかかりの原因はそこなので、身体の下にボードを引き込む意識で練習してみてください。

 

ヘッドムーブで振り向ききれていません。

一連の身体の動きは、家で練習しましょう。

身体に覚えこませることです。

 

練習あるのみ!

インドネシアから戻ったら、練習の成果見せてくださいね~。

 

スクールコメント   2015/06/13   山崎 京子
タグ:

6月5日ボディボードスクール/スピン集中レッスン

予定していた大原は北よりの風でフェイスいまいち、サイズなく、変更して行いました。

JPBAのコンテスト会場になっている夷隅は、練習に来ている選手が1番2番に入っていました。

スクールは人の少ない3番で行いました。

サイズは、腰腹~たまに胸くらい よい波ありました。

20150605 00...

 

20150605 00...

今回のスクールは、スピンだけを集中的に練習すると言う内容。

スピンをかけまくりました。

レッスンの最初は、テイクオフ~ボトムターンができているかをチェックします。

Nさん、何本か見せてもらい合格。

しかし、改善すべきところもあります。

うねりにあわせるタイミングはまあまあ良いけれど、漕ぎ出しのキックが弱い。

ノーズの押さえが弱いところ、波側レールをくわせてキックをする時間が短いのでターンでいまいち加速していない。波側レールも少しあまいです。目線を教えたところに変えてくださいね。

以上を直しましょう。

 

 

スピンについては、ビーチで説明して、練習してから入りました。

入って3本目くらいでしたか・・グーフィーの波でなんとスピン一回転できてしまいました。yes

なかなか良いです。

スピンの改善すべきところを書きます。

乗り込み不足・・あとほんの少し乗りこむともっとよいです。ウェットスーツが乗り込みしにくいものでした。ボードのデッキも。ニューボードで練習してください。

ヘッドムーブが不完全・・・家で練習してください。

ターンの時の手の位置・・下の手をもっと下へ。くせにならないように。

 

テイクオフしてすぐのスピンはまだカラダの切れがよくないので成功率は低いと思います。

でも、ターンでスピードをつけてかけるスピンを練習しつつ、できそうなときはかけに行ってください。

最後に、回転することばかり考えないで、テイクオフ~いいボトムターンでスピードをつけることからやってください。

なかなか優秀でした。

また見せに来て下さいね。

スクールコメント   2015/06/06   山崎 京子
タグ:

5月30日ボディボードスクール/体験コースプライベートレッスン

はじめてボディボードに挑戦するYさん、サイズが大きく、流れが強く、ハードなコンディションでした。最初の予約日の日曜日の方が初心者向けのコンディションでした。

波のサイズ、胸~肩前後、ごくごくたまーには入るセットで頭くらいのものも3本くらいありました。

20150530 20...

ビーチでストレッチ、テイクオフの練習をして、いよいよ海へ!

ボディボーダーのストレッチに関しては、

ボディボードはフィンを使うので、脚をしっかりストレッチします。足の指、ふくらはぎがつる方がたまにいます。運動不足だったり、睡眠不足だったり、喫煙している方は意外とつりやすいようです。

Yさんは、しっかりとした筋肉がついていて、脚はつりませんでした。

テイクオフの時のノーズを押さえる動きで、腕と肩に筋肉痛が出る肩が多いようです。

そこもしっかりストレッチして、波乗り後もストレッチを入れると良いです。

Yさん、筋肉痛にならなかったでしょうか・・?

 

海の中では、、

ビーティング(フィンを使ってキックすること)の練習、方向転換の練習、

そして、うねりにあわせて波に乗る練習をしました。

初めてなのに、胸くらいのグーフィーの波、肩くらいのグーフィーの波をすべり降りることができました!yesすごくスピードがつきましたね。その2本は、すべてがうまくいったので波に乗れました。

Yさんの波に乗るときの注意点を書いておきます。以下を練習していけば、もっともっとたくさん波に乗れますよ!

●テイクオフの時の力強いビーティングが安定してできていません。

しっかり漕げたときはうねりのあわせてスムーズに波に乗れました。

●目線は、進行方向遠くを見てください。ビーティングしているうちに下を向いてしまいます。癖にならないように。

●ノーズ(ボードの先端)を抑えるのが強すぎて、波にノーズが沈んでいることが多かったです。ちょうどよい加減を体で覚えてください。

この3点に気をつければ、安定して波をすべることができます。

そして、ここができたら、次は波を横に走る練習です。

このスクールをきっかけに、ボディボードぜひはじめてみませんか?

うまく滑れたスピード感、とても気持ちよかったと思います。横に走れるようになるともっともっと楽しいんですよ~♪

Yさん、お疲れ様でした。

 

ボディボードスクールでは、スクールを受けてくれたの体力、筋力、身長、体重などなどから、合うボードやフィンを選んでビギナーセットを用意することができます。

最近は、ネットで購入してスクールに参加する方もいますが、サイズや浮力が合わないボードを買って失敗してしまい方も多いです。選び方がわからない方は、スクールで試してから購入することもできます。

 

 

 

スクールコメント   2015/06/01   山崎 京子
タグ:

5月11日ボディボードスクール

20150511 03...ビギナーコースとボード試乗のスクールを同時にやりました。

今回は空いていて、グーフィーがだんだん良くなりました。

隣のポイントの方がうねりの方向あっていたので行ってみたけれど、サイズ大きいので潮が足りず戻りました。ビギナーコースのMさんにはハードすぎました・・ドルフィンスルーできないと無理でした。

 

ビギナーコースのMさんは、今回、いろいろ考えすぎて動きがばらばらで、うまくいきませんでした。

とくに目線に気をつけてください。

最初から間違えているとすべてうまくいきません。

次回、もう一度練習しましょう。

本当は、もっとうまくできる実力あるんですよ。

 

 

ボード試乗のTさん、少し観ないうちに癖がついていました。

テイクオフのときの肩の力みは、自分のボードじゃないからだといいんですが・・

少し気になりました。

レギュラーはスムーズなのに、グーフィーはフルレールにできていない。

波側レールへの荷重が遅いです。

もっと腰に荷重してください。

レールを使うと言う意識を持って波に乗ってくださいね。

 

20150511 03...

 

20150511 04...

 

20150511 04...

スクールコメント   2015/05/13   山崎 京子
タグ:

5月3日ボディボードスクール

20150503 00...

シーズン初めのスクールを行いました。

濃霧で写真撮れませんでした。

スクール後は快晴になっていたけれど、写真撮り忘れました・・

波のサイズは、ひざ~腿~腰

GWでシーズン初めと思われるサーファーでとても混んでいました。

空いているところなどないけれど、インサイドや少し横の方からなんとかショルダー切れた走れる波を選んで乗りました。

ふたりともしばらく波乗りしていなかったので、ボディボードの筋肉がすっかり落ちてしまっていたようで、上体を起こすのが大変そうでした。

 

Iさんは、今まで使っていた長年の相棒のボードがついにだめになり、新しく変える為の試乗希望だったので、あいそうなボードを何本か用意しました。そのうちの3本を選んで試乗しました。

一番あっていたボードはテイクオフがスムーズな感じでした。

Yさんはライディングチェックです。

 

 

ふたりのライディングチェックの結果、改善点は、

よくない波に手を出しています。

ダンパーに乗らないように、走れる波を選ぶ力をつけましょう。

ライディングの姿勢が低い。

すぐに手を持ち替えてしまう。

テイクオフのときのノーズを押さえ、波側レールを入れて(目線は進行方向へ)、ビ―ティングを入れてスピードをつける動きが抜けています。

そのためには、うねりから合わせる!

波がブレイクするのと一緒に波のボトムに降りてはだめです。

セットが入ったとわかったら、素早くピークに移動して、いいポジションから、うねりの段階からキックをして波に合わせます。(Yさんにはここを注意して、Iさんからは質問があったところです。シーズン初めなので全部指摘するとわけがわからなくなってしまうことがあるので、最初はテイクオフポジション、タイミングはあまり細かく言わずに、乗ってもらいました。)

ふたりとも、たまたまタイミングが合い、たまたまレールを長く入れられたときはスピードがついて走れていました。

でも安定してできていません。

Iさんは、ライディングの手の持ち替えのときの脇をしめるのを忘れずに。

波側レールに今より荷重できるようになります。

ニューボード楽しみですね。

Yさんは、ターンのときの目線がおかしいことが多いですね。癖になっているので、しっかりと波のショルダーの先のほうを見てください。ノーズをぶらしてしまう癖も少し出ていました。

波のトップにいるときに腰に荷重しないと波の下へ行ってしまいます。

これはずっとできていないところですね。今シーズンは絶対に直してください。

 

 

ふたりとも、まずは今日レッスンしたテイクオフ~ボトムターンをしっかりやってください。

同じポイントになることが多いので、遠くからでも見ていますよ。

自己練習続けて、またライディングみせてください。

 

 

 

スクールコメント   2015/05/04   山崎 京子
タグ: