波乗りログ

スクールコメント

12月14日ボディボードスクール/ビギナーコース

冬のスクールを開催しました。

※11月~4月中旬までは、現地集合できる方のプライベートレッスンのみ開催しています。

今日のスクールは、ビギナーコース

自分でやってみて、波に押されてまっすぐにスープライディングが出来たそうです。

 

ビーチで目線、姿勢、などの基本的なことを説明して、海へ。

波のサイズは、腿~腰~腹

ビーティング、方向転換を練習して、

テイクオフの練習をしました。

うねりに合わせてノーズをおさえる!ということを知らなかったようですが、うねりが来て、タイミングがわかっていないので私がGO!をかけたらスムーズにボードが走り出しましたね。

ノーズを押さえすぎて水中に沈まないように、目線は下を見ないように注意しましょう~!

 

 

次に、レールに荷重して、ボードを横に走らせる練習です。

意外と勘がよくて、スープ(ブレイクした白い波)に押されてスープの下を斜めに進めました。

手だけでコントロールすると失敗します。

波側のレールに荷重するときに、肩の力を抜いて、腰にも荷重しましょう!

ボード中央にあるカラダを波側レールに傾けて行き、ひじと腰でしっかり荷重しましょう!

姿勢が低すぎなので、上体を高く保ち、目線を進行方向ショルダー遠くへ向けてください。

 

波の下をくぐるドルフィンスルーの説明しました。

練習あるのみです。

失敗を恐れず、何度も何度もやってみてください。

 

お疲れ様でした。

たぶん筋肉痛になったと思いますが、波乗り前と後のストレッチはしっかりやりましょう~。

冬用のウェットスーツを仕入れて、空いている冬の海でたくさん練習してくださいね。

冬物の小物、グローブ、冬用ソックス、そして一番大切をウェットスーツもスクールからオーダーできますよ。採寸も出来ますので、必要でしたらお知らせください~。

自分にぴったりサイズのウェットスーツは疲れにくく動きやすいですよ~☆

 

デジカメの調子悪く、写真がアップできませんでした・・。

FBには載せられました。

チェックしてください~

 

今日は初歩的な基本をやりました。

まだまだ練習することがたくさんあります。

また習いたいことが出てきたらスクール受けに来て下さいね。

スクールコメント   2015/12/15   山崎 京子
タグ:

10月13日ボディボードスクール/スピンレッスン

コンディションが悪く、延期になっていたレッスンを行いました。

いい天気で、風はよくなかったけれど、練習しやすい腰~腹、ごくたまに胸近くでいいサイズでした。

20151013 00...

まずはライディングチェックから行いました。

初心者の頃からみているAさん、テイクオフで板をひくことが多かったけれど、よくなっていました。

しっかりノーズを押さえ続けて、いいツッコミしていました!

テイクオフ~ターンは、波側レールがあまく、レールを長く入れられていません。

何度も言っているところなので、頭ではわかっていると思います。

テイクオフの時の波側レールへの荷重のタイミングが遅いので早めに。

目線にも気をつけてください。

出だしで波の下へ行ってしまうとうまくいきません。

スピンに関しては、乗り込み不足、ボードの波側レールに荷重されたままに回転しようとしてレールがくっている、目線をショルダーにとっていない、ヘッドムーブが不完全(肩でブロックしているので肩の力を抜く事)、

これらの改善方法はビーチでやりました。

ひとつ抜けても失敗します。繰り返しの練習で、体の動きを覚えこませてください。家でのイメトレでカラダの動かし方をやって、海で実際に回転の練習してください。

ボトムターンから連動して回転に持っていけるように、ボトムターンの練習も続けてください。

 

 

今回、初めてチェックしたKさん、テイクオフの時の目線が前でした。

進行方向へ目線を向ける練習から行いました。

目線が向けられるようになったけれど、波側レールへ荷重できていないため、波の下へ行ってしまいます。出だしでライン取りが違うと修正できません。

まずはテイクオフ~ターンの一連の動作の練習をたくさんしてください。

カラダを波のフェイスに寄せるようにするとうまくいきます。やってみてください。

レールを使う意識を持ちましょう。

手でコントロールしようとしないで、体の体重移動、荷重を使ってコントロールしましょう。

スピンに関しては、ボトムターンから繰り出していなくて、下に下りながらレールを抜いているけれど、意外とテールを流すところが上手でした。

乗り込んだときのボード中央でのバランスも良いです。

回転の時に、目線をショルダーに取っていないところとヘッドムーブが不完全なのを直しましょう。カラダの動かし方は、何度も家で練習してください。

ボトムターンから回転に持っていけるよう、しっかりとしたターンを練習してくださいね。

最後に、今使っているフィンは進みが良くなかったですね。

自分に合った道具に変えるととてもスムーズになります。そして、思い通りに動けるようになり、もっともっとボディボードが楽しくなります。

私のフィンに変えたら、別人のように早く進んでいましたね。

 

お疲れ様でした。

 

スクールコメント   2015/10/14   山崎 京子
タグ:

9月19日ボディボードスクール/ライディングチェック

20150919 01...お久しぶりです!!

出産後、3年ぶりのスクールでした。

家族がふたり増えていました。

久しぶりなのに、波は少しハードです。

持ち前の突っ込みで、よくがんばりました。

このポイントは、バックスゥエルの時はカレント発生してポジションキープが難しいのですが、ピークをつかむのが自力で出来ませんでした。もっと簡単なコンディションだと出来たかもしれませんね。

私が指示したところからテイクオフ。

うねりにあわせてキックを入れるタイミングがうまくいかず・・

何度も海に入って練習して調子を取り戻してください。

後は、思ったよりもキック力か落ちていなかったのがよかったですね。

しかし、持久力が落ちていました。ラウンドをこなせば大丈夫ですよ。

今回は、前からライディングチェックできなかったので、なんともいえませんが、目線と姿勢、波側レールへの荷重をしっかり練習してください。

少し練習して、またライディングチェック受けに来て下さいね。

スクールコメント   2015/09/19   山崎 京子
タグ:

8月13日ボディボードスクール/特訓

久しぶりのスクールのAさん、ライディングチェックからです。

波は、スクールスタート前から急にオンショア強まり、よれたフェイスでぼよぼよです。

むずかしいコンディションですが、自宅から近い、よく入るポイントなのでどんなコンディションでも乗りこなしたいですね。

 

グーフィー方向のテイクオフがスムーズなのに、レギュラーになるとおかしくなります。

たぶん得意な方向だと思いますが・・肩と腕の力を抜きましょう。

両方向ともにいえるのは、波側レールへの荷重があまいこと。

とくに、出だしの腰への荷重が弱いので、ラインがなんとなく斜めになり、いいところを走れずにスープにつかまります。見ているところも悪いです。目線をもっと上に。

何度も何度も練習してください。

出だしで間違えるといいところを走れないままにただただ波に押されてしまいます。

カラダを使ってレールを長く入れる!肩を波側に寄せて、脇をしめて、しっかり荷重です。

 

カラダを入れて、レールを入れる!と頭の中で繰り返し言いながら波乗りしてくださいね。

 

波待ちのポジションが悪い。

もっと予測して先に移動しておきましょう。

むずかしい波に手を出しているので、入る前に乗りやすい波がどこに入ってくるのかをチェックしておきましょう。乗りやすい波が来ているのに反応していませんでした。

子供たちにほとんどとられています。それは、波が来ているのに反応が遅く、先回りされているからです。ジェットスキーが通っても、人の少ないところの方がやりやすかったですね。

 

常日頃からいいポジションをキープできるように、なんとなく波待ちしていてはだめです。

 

テイクオフの時の漕ぎ出しがワンテンポ遅いことが多いです。

うねりをよく見てあわせてください。

 

ロロはたてに上がれていないので、目線の練習、ロロの前のターン、首が硬くて苦手な反り返りをいメトレしてください。

スピンは、あまり見れなかったけれど、リバーススピンはもっと頭を振っていいですね。

レールtoレールでメリハリのある動きを。

技に関してはピーチで説明したので、繰り返しの練習、頑張ってください。

ボトムターンからですよ。

 

 

今のボードは細めでレールが入れやすく、スピードがつきます。

オフショアのいい波の時にとてもよい動きをしてくれると思います。

大切にしてくださいね。

 

スクールの後、別の場所で少し波乗りしました。

乗りやすかったので、スクールの時よりも安定していました。

レールを使う意識ですよ。

練習頑張ってください。

お疲れ様でした。

 

20150816 00...

 

 

 

 

 

スクールコメント   2015/08/15   山崎 京子
タグ:

7月26日ボディボードスクール/スープライディング

20150726 00...本日のスクールは、波をまっすぐにすべる練習です。

10年位前に一度ボディボードを体験しに来てくれたTさんです。

波のサイズは、予想よりも高くて、セットで胸くらいありました。

日曜日でむちゃくちゃ混んでいて、どこを使うかスクール前に海に入ってチェックしましたが、安全なテトラ前にしました。

今回のスクールは、フィンなしで行うため、ゲッティングアウトのタイミングがむずかしく、テイクオフも私が押す形で行いました。

Tさんは、陸上では義足を使用していますが、水の中では使えず、片足になるためフィンが使えません。

もう少し穏やかな日だと自力で片手パドルで乗れたかもしれませんね。

 

今回は、3本乗れました。

最後の1本は、ロングライディングを決めてくれました!

それでは、注意点を書きます。

参考にしてくださいね。

●テイクオフの時の目線は進行方向です。顔を下げないように。ボディボードは見たところに進んでいきます。

●ボードの上でバランスが取れるように、猫背にならず胸をもう少し起こして、おなかでバランスをとりましょう。おなかが滑る時は、ボードのおなかの部分にワックスを多めにつけてください。

●一人で乗るときは、片手でノーズをしっかり押さえて、片手パドルをしましょう。バランスが取れるようになるまで繰り返し練習してください。

●海の流れに注意して、絶対に無理な行動はしないように!

 

まだひとりで波に乗ることができないと思いますので、ブレイクしていないところで、必ず人がいるところで、浮かぶ練習と片手パドルの練習をしてください。

波の大きいときは入らないでくださいね。

波がブレイクしていなくても、流れがあると危険です。

プールで練習することが可能でしたら、何度も練習してみてください。

 

寒くならないうちに、もう一度スクールに波に乗りに来て下さい~。

よく頑張りました。

お疲れ様でした。

20150726 00...

 

スクールの後は、背中がかたかったので、スパイナル トレーニングスペースでトレーニングしました。少し楽になりましたね。トレーニング後は、姿勢がよくなりました~!

20150726 00...

 

20150726 00...また、お待ちしています!

スクールコメント   2015/07/27   山崎 京子
タグ:

7月21日ボディボードスクール/ライディングチェック

20150721 00...今日のスクールは2名、ふたりとも久しぶりのボディボードでした。

スクールのライディングチェックも久しぶりです。しっかりチェックします!

20150721 00...

M山さんは、レールが使えていないということでした。

チェックの結果は、テイクオフからレールを入れないままに波の下に行っていました。

その辺を説明して、しっかり練習しました。

できていないところは、目線と姿勢です。

出だしで間違えると、もういいところを走れません。自己練習で何度も繰り返し、カラダに覚えこませてください。テイクオフのポジションがよくないことが多いです。波をよく見て、うねりにタイミングを合わせる練習もしましょう。

セットで戻されて、無駄に体力を使っています。海全体を見て、サイクルをあわせる練習もしましょう。波に乗れなかったときに、アウトにセットが入っていると戻されています。乗れなかったときにのんびりしていないで、次のセットをくらわないように、すぐに振り向き、沖に向かえるように体勢を整えてください。

ワックスは、ボードの腰の乗る部分につけてください。

前のめりになると、ボードとおなかに隙間ができて落ちやすくなります。姿勢に気をつけると滑りにくくなりますよ。

自己練習続けて、またライディング見せてくださいね~。

 

 

Mムロさんは、お仕事が忙しかったそうで、波乗りしていない間に今までできていたところが衰えてしまいました。まずは波乗りの体力がかなり落ちています。体の不調もあり大変でしたね。

体力はラウンドをこなすことで何とかできます。この夏、なるべく頑張って海に通ってください。

テイクオフ~ターンは、手の持ち替えが早すぎでした。

目線はずいぶん改善できました。

波側レールの荷重があまく、ノーズを押さえつづけることができていません。

上体の使い方を説明しました。練習続けてくださいね。

お疲れ様でした。20150721 00...

 

20150721 00...

 

20150721 01...

 

20150721 01...

 

スクールコメント   2015/07/23   山崎 京子
タグ:

7月13日ボディボードスクール/ビギナーコース

今日はビギナーコースです。

台風の南うねりはいっていましたが、このポイントは練習にちょうどよいサイズでした。

基本のレッスンです。

 

今シーズンから基本の練習を続けているMさん、今日からマイボードです。

しばらくボディボードをしていなかったとのことなので、また最初から練習です。

今回、できないことが多かったけれど、ひとつひとつ練習していってください。

注意点を書きます。

●テイクオフの時、うねりに合わせるタイミングを合わせるために波を見続けること

●ノーズを押さえるのが弱いので、もう少し強く

●波側レールに荷重しないままに斜めに進もうとしているので、波のフェイスにカラダを寄せる練習してください。

●目線が近すぎです。進行方向遠くを見る練習をしてください

●ドルフィンスルーもまだまだなので、たくさん練習してください。

お疲れ様でした。

 

 

久しぶりにライディングを見せてもらったIさん

大怪我をしてしまい、しばらくボディボードができないでいたそうです。

ライディングチェックの結果は・・

●全体的に姿勢が低く、前のめりの体勢なのでもう少し上体を起こしたいですね。背中がかたいのが原因なので、柔軟性アップのストレッチ始めましょう。(できたら私のトレーニングジム、スパイナル トレーニングスペースに可動域を広げるトレーニングに来てほしいです)

●テイクオフの時、前のめりでノーズを押さえているので、ノーズが水面に刺さることが多くテイクオフが遅れたり、テイクオフできないことがあります。せっかくうねりに合わせるタイミングがよいのに、もったいない。

●目線を変えるタイミングと波側レールに荷重するタイミングが遅いです。波のトップにいるときにしましょう。

一本いいグーフィーの波に乗れましたね!

その感覚を忘れないで、練習続けてくださいね。

お疲れ様でした。

 

カメラ忘れてしまい、写真撮れなくて申し訳ないです・・

 

 

 

 

 

 

スクールコメント   2015/07/14   山崎 京子
タグ: