波乗りログ

スクールコメント

10月1日ボディボードスクール/ビギナーコース

今日は、キッズスクールです。

夏休みにご予約いただいたのに、残念なことに台風で中止・・

今回は急に決まったスクールで、ウェットスーツ、フィンやボードの準備がたいへんでしたね。

波のコンディションは・・

オフショアのポイント予定が急きょ変更になり、オンショアでしたが、波数が多くて、適度にカレントもあり、ゲッティングアウトしやすくて、風良くないので人がいなくて、いい練習が出来ました。

 

それでは、今日練習したときの事を書きますね。

りょうくんは・・・

●テイクオフの時に下を見てしまうところを直してください。顔を上げて、遠くを見ましょう~。

●波に乗るときは、上体を低くしないこと。

●波をすべりおりながら、進みたい方向を見ると、見たところに進んで行きます。練習してみてください。

●気をぬくと、フィンが水面をたたいています。しっかりしずめてキックしてください。

 

れんちゃんは・・・

●テイクオフの時、ボードの前をおさえる力が弱いです。どうしてそうなるかというと、ボードの前(ノーズ)をおさえる時に、体がボードの下のほうにずれてしまいます。正しい乗り位置で波に乗れるようにしましょう。ウェットスーツがすべりやすいので、すべり止めのワックスをつけて練習してください。

●波に乗るときは、下を見ないで顔を上げて。

 

りょうくんは、あまり深く考えず、とにかくとにかく来た波をつかもうとがんばりました。

タイミングが合ったとき、うねりから波をすべることが出来ました。yes

れんちゃんは、よくよく考えて、手順をしっかりやろうとしていました。

タイミングを合わせられたときに長く走れました。yes

くりかえしの練習で、どんどんできるようになりますよ!

いっしょに波乗りできて、先生もとても楽しかったです。

また、ボディボードしたくなったら、またスクールにきてくださいね!

いっしょに波乗りしましょう~!smiley

 

 

スクールコメント   2016/10/02   山崎 京子
タグ:

9月25日ボディボードスクール/ビギナーコース

基本のスクールを開催しました。

テイクオフの練習です。

いつものポイントではなくて、ロングボーダーの多いポイントで行いました。

ビーティングと方向転換は、安心して出来るほとんど割れていないところで練習して、1発合格!

テイクオフの練習に入りました!

ビーチでのイメトレでは出来ているところが・・

実際に波で練習すると出来ません・・

改善点を書いておきます。

自己練習してみてくださいね。

①テイクオフの時、ノーズを押さえるときにボード上の体の位置に注意。下過ぎるとブレーキがかかってしまうし、ノーズをしっかり押さえられなくなります。カラダが下にいってしまう原因は、デッキが滑っているのかもしれないので、教えた位置にワックスをつけてみてくださいね。

②テイクオフのノーズを押さえる時の目線が低すぎる。近くの水面に目線を落としています。練習するときに、常に注意してください。みたところに進んでいきますよ。

③スクール後半は、ビーティングが浅くなっていました。疲れてくると足を水中に沈めずらくなります。何度も海に入り、ラウンドをこなしているうちに体力はつきます。寒くならないうちに海に通って基本を体に覚えこませましょう~!

 

最後に・・

お疲れ様でした。

ボディボードは繰り返しの練習が大切です。

何度も何度も練習して、手順をカラダに覚えこませてください。

また習いたいことが出来たら、一人でやる自信がなかったらスクール受けに来てくださいね。

 

カメラの充電なくて、写真撮れませんでした・・

 

スクールコメント   2016/09/25   山崎 京子
タグ:

8月3日ボディボードスクール/ライディングチェック

午後から集合のスクールです。

ワイドなスウェルが入っていて、どのポイントもダンパーコンディション。

ブレイクの方向は、グーフィー。

だけど、レギュラー方向でライディングチェックをしました。(2名ともレギュラーが得意とのことです)

レギュラーは閉じてしまう波がほとんどで、むずかしい・・。ショルダーの切れた波は、端っこのショートな部分だけ。

グーフィーがロングで出ていましたが・・

両方向乗れると良いです。これから練習していきましょう!

波のサイズは、腿、腰、腹前後。ごくたまにワイドな胸くらいのセットあり。

スクールが終わって、自分が上がるときに乗ったグーフィーの波、良かったですよ。

 

あまり波乗りできていない、Fさんは、ワイドなうねりでポジションがつかめていませんでした。

テイクオフポジションが奥過ぎて、ぬけられないところから板を出していました。

スクール後半は、ショルダーが切れた波がわかって来ましたね。

1本いいレールの使い方が出来て、やっと走れました。

目線と姿勢に気をつけて、波側レールを長く入れる!

フルレールをキープできるように、腰荷重とヒジ荷重、何度も練習してください。

腰への荷重がいまいちで、テールが浮いた感じに気づきましたね。

気づいた事が良いです。チェックした点に気をつけて、自己練習で直してください。

●波側のレールにカラダを寄せて、フェイスにへばりついていく。

●上体を低くしない。低いと波側腰の荷重があまくなる。

●肩をフェイスに寄せていく。

●目線は自分の乗る波のショルダー遠くへ。近くのなんとなく水面を見ないこと。

 

フィンが新しくなり、テイクオフの出だしが良くなりました。

仕事が忙しいようですが、夏の間にもう少し波乗りしてください。

そして、以前のところまで戻しましょう~!

 

 

トレーニングと波乗りをがんばる、Kさんは、

ビーティングのバランスがとても良くなりました。

以前は力任せに、がむしゃらに漕いでいたけれど、今はスパイナルのトレーニングで体幹部を鍛え、インナーマッスルを柔軟に、股関節、肩甲骨の可動域を広げるトレーニングをしてきたので、スムーズに進み出せて力みが出なくなりましたね。

技の成功の妨げになる、肩の力みもずいぶん取れましたね。

スピンは、上体が低いところをチェックしたら、1回いい感じで出来ました。その感覚を忘れないでください。

ダブルでかけるスピンについて説明しました。かけるタイミングで、上体の使い方が変わるところ、その2種類出来るように練習してください。

ロロは、たてに上がるときの目線、手でコントロールしようとしているところをまずは直してくださいね。カラダとボードがばらばらにならないように。

ボードは調子が良いみたいなので、コンテストで迷わず使うといいですね。

いい結果が出せるように、技の成功率アップ、練習がんばって!

トレーニングは、いらない筋肉が取れてきて、カラダの形が変わり、しなやかな筋肉に変わっていているので、さらに進化系も取り入れられるようになると良いですね。

 

 

 

 

スクールコメント   2016/08/04   山崎 京子
タグ:

7月24日ボディボードスクール/ライディングチェック

13835480_85...

今日はライディングチェックコースです。

オンショアの風波で意外とサイズあります。

レギュラーオンリーでしたが、波数多く、いい練習が出来ました。

13835517_85...天気が良くて、ビーチにはたくさんの人が集まっていました。

海水浴場がオープンしたため、危険な人が手前にたくさんいて、よけて走ると縦には上がれません・・

しかし、まだ、たての動きまで行っていなかったので、テイクオフ~ボトムターンのレールの使い方を中心にレッスンしました。

波のサイズは、腰、腹、アウトで胸くらい。

 

今日もファミリーで波乗りに来ていた、あずさ2号さんが写真を撮ってくれました。

ありがとうございました。

 

 

少し間の空いていたSさんは・・・13835957_85...   13835641_85...

まずは、海に慣れるところから。

久しぶりに海に入ると、ゲッティングアウトがきついですよね。

波数が多く、セットが入るとカレントも強かったので大変でした。しかし、海全体を見て、サイクルをあわせられるといい波をつかめるし、流されなくなります。

慣れてきてポジションキープも良くなりました。

自分のボードではなかったのでかなりやりにくかったと思いますが、ノーズの押さえがあまくて、なかなかテイクオフできませんでした。

しっかり押さえて、進行方向へ目線を向ける練習からはじめました。

注意点を書きます。

●波側レールに荷重できていない。波のフェイスにカラダを寄せるようにしてみましょう。

●テイクオフの出だしが良くなったのに、その後、肩をすぼめて上体が低い。もう少し姿勢を高く保ちましょう。

ヒジと腰にしっかり荷重しましょう。

●波乗りの体力がかなり落ちています。できるだけ海に入って体力アップしてください。

●どの波が良い波なのか、判断があまり出来ていません。ラウンドをこなして、良い波を選べるように、波を見る力をつけましょう。

がんばって、以前のところまで戻して、また、フロントスピンがかけられるようになりましょう!smiley

 

 

初参加のヨッシー・・・

波数多いのに、すいすいゲッティングアウト、サイズのある波にもがんがんテイクオフ出来ます。yes

プルアウトも良いですね!yes

注意点を書きます。

●テイクオフの時、うねりにあわせるのが遅い。

ワンテンポ早いタイミングで漕ぎ出し、うねりからテイクオフ、ブレイクするときにはターンしてください。

●テイクオフの時に見ているところが悪い。近くを見ている。

自分の乗る波の横へ目線のリード、そして、今よりももっと遠くを見ること。

●テイクオフの時に波の斜め下へなんとなく降りている。走らせていないのに手を持ち替えている。

波側レールの腰の辺りに荷重していませんでした。コレができないといいターンが出来ません。ラインは波の下へ向かってしまい、縦に上がることができません。早めに波側レールに荷重して、レールを長く入れて走らせる事。そのときに手を持ち替えないこと。

●ボード上での体重移動をほとんどしていない。

フルレールになったら、波側レールにしっかり荷重しつつ、前側に乗り込んでスピードアップしましょう。ひじの使い方ももっと練習が必要です。これからスピードコントロールも意識してください。

13843579_85...

直すところがたくさんあります。

写真は、私のテイクオフ~ターンです。こんな感じをイメージして練習しましょう。

家でイメトレしてください。イメトレは効果大です。

ますみ塾先生から、ウルワツが乗れるように・・とのことなので、普通よりも厳しいです。

ツッコミが良いから、大きい波、パワフルな波でもテイクオフすると思いますが、ターンして走って、波をメイクできるかというと今のままではムリです。

とにかく、レールをうまく使えるようにならないとだめです。

今日は、ちょっとだけよくなりましたよ!

レール荷重、目線を自己練習して来てください。

でも、上達できます。がんばって!!smiley

 

 

 

スクールコメント   2016/07/25   山崎 京子
タグ:

7月23日ボディボードスクール/ビギナーコース

ビギナーコースのスクールを行いました。

基本のレッスンです。

波のサイズは、腿~腰~腹、オンショアの風波が乗っかって、アウトのセットは胸くらいに感じました。

波数多く、たくさん乗って練習が出来ました。

13823276_85...ファミリーで波乗りに来ていた、あずさ2号さんが写真を送ってくれました~

ありがとう!!

 

13734656_85...

 

ビーチでストレッチ、波の乗り方を説明、海で実際に練習しました。

今日のスクール生は、まったく初めてじゃないし、自分の道具、ウェットスーツを持っているので、

ビーティングと方向転換はおさらいという感じで、

テイクオフ~ターンを中心に、ドルフィンスルーまで行いました。

それでは、注意点を書きます。

自己練習の役に立ててください。

 

13844209_85...

 

 

Kさんは・・・

積極的に、たくさん波に乗りました!yes

テイクオフの時にボードのテールの方(下)にカラダが滑っていて、しっかりノーズが押さえられませんでした。

ワックスを塗って滑らないようにしました。

スクールが終わってから塗りなおしたので、自己練習でいい位置にカラダがあることを確認してやってみてください。

手の持ち替えが早すぎたのを指摘したら、わかりましたね。

波を滑り降りるときの目線を練習してください。

今よりももっと横で良いんですよ。13814507_85...

波側のレールの荷重が弱いです。ボードのレールの腰の乗る部分にワックスをたっぷりとつけたので、今度は荷重しやすいですね。

自己練習して、家でイメトレして、また習いたいことが出来たら、スクール受けに来てくださいね。smiley

 

 

Oさんは・・・

ボードのデッキのワックスはつけすぎでした。

まずは、家にもどったら落としてくださいね。

前後の体重移動がしにくかったですね。

波を滑り降りつつ、ボードを体の下に引き込む動き、ワックスを取ったボードで練習してください。

斜めテイクオフの練習では、なんとなく感じがつかめてきたようです。yes

13815240_85...

13835641_85...

潮が引いてきて、ショルダーの切れた波が少なくなってしまい、むずかしかったですが、レールを使って走れていたのもありました。ただ、まだまだレールへの荷重があまいです。目線、顔の向きもしっかりと。

肩の力を抜いて、波側にカラダを寄せて走らせましょう!smiley

また、わからないところが出てきたら、スクールを受けに来てくださいね。

家では、イメトレもしっかりとやってくださいね。

フィンソックスは薄いのが在庫ありました。希望がありましたら言ってくださいね。

 

 

最後に、

今日はいい練習が出来ました。

最後にひとりずつアウトから乗った波はサイズありましたね。

ドルフィンスルーは、手順を説明しましたが、練習あるのみです。

人の邪魔にならないところで、何度も練習してください。

そして、早く膝が使えるようになるといいですね。

 

波乗りのルールも説明しましたが、ふたりとも、まだ混んでいるポイントではうまく人をよけられないと思いますので、十分注意して練習してくださいね。

お疲れ様でした。

 

 

 

スクールコメント   2016/07/23   山崎 京子
タグ:

7月16日ボディボードスクール/ビギナーコース

初めてのボディボード体験です。

クラブハウスのある、大原海水浴場で行いました。

まだ、海開き前なので正面で出来てラッキーでした。人も少なくなり、いいスクールが出来ました!

波のサイズは、腿~腰前後、オンショアで波数が多いコンディションでした。

 

ビーチでストレッチ!ボディボードで使う筋肉を重点的に伸ばします。

以外かもしれませんが、初めてボディボードをした方のほとんどは、腕、肩が筋肉痛になります。

そして、フィンを使ってキックするため、脚がつらないようにしっかりと伸ばします。

 

次に、波の乗り方の説明、フォームの練習!

いよいよ海へ!

 

海の中では、フィンでキックする、ビーティングの練習、

方向転換、波に乗るときの手順の練習をしました。

そして、波を捕まえて滑り降りる、テイクオフの練習!

 

注意点を書いておきます。

自己練習してください。

●ナオキクン・・・タイミング良く波にあわせられて、2本ロングライディングが出来ました!スピードがついて、気持ちよく走れましたね!!yes

ここに気をつけて

①キックの時に、フィンが水面に浮かんでしまわないように!もう少し水中を漕げるとよいです。水をしっかり捕らえて推進力が出るように。

②テイクオフの時にお尻が浮かんでしまいます・・。胸を起こして、下を向かないように、姿勢に気をつけると良くなりますよ!

 

●かおりさん・・・ボード上でのバランスがとても良いです。手の持ち替えまで進めました!いいテイクオフが出来たときは安定して滑れました。yes

ここに気をつけて

①ノーズを押さえるときに、ボードの乗り位置に注意です。下のほうに乗っていると、しっかりノーズを押さえられません。ノーズを押さえすぎるとノーズが水中に入ってしまいます。ちょうど良い加減を何度も練習して覚えてください。

②手の持ち替えの時の目線がもっと練習が必要ですね。反対を見てしまわないように。繰り返しの練習で、体に覚えこませましょう。進行方向を見る、前の手の方向へ目線を向けましょう。出来たら前の手の側、ボードの横(レールに)荷重してみましょう。

③疲れてくると、フィンが浮いて水面をたたいてしまいます。脚をしっかり沈めて、水を捕らえたキックが出来るといいですね。

 

この夏、たくさん練習できるといいですね。

波に乗るのは、普通のスポーツとは違って、動いている波に合わせる必要があるため、たくさん海に通って経験すると良いです。

自己練習して、また、習いたいことが出来たら、ぜひまたいっしょにボディボードしましょう!!

練習、がんばってください。smiley

 

 

スクールコメント   2016/07/17   山崎 京子
タグ:

5月20日ボディボードスクール/ビギナーコース

2回目の基本のレッスンです。

予定していた大原は、北東の風でサイズアップしていて風向きよくない。

数日前からわかっていたので、風のあうポイントへ。

ブレイクはいまいちでしたが、テイクオフの練習を何度も行いました。

 

Hさんの改善点は、、、

姿勢、目線、ビーティング、ノーズの押さえ方でした。

姿勢は、上体が低すぎです。

ノーズ押さえるために腕を伸ばしたときに姿勢を高く!

目線は近くを見ていたので、今よりも遠くへ。そして、進みたい方向を見ましょう。

フィンでキックするビーティングは、浅いところを漕いでいます。ひざを曲げて、フィンのしなりを作りましょう。

ノーズを押さえてテイクオフのところで、ボードの乗り位置がテールよりになってしまいます。

ボードをずらして前に出さないように。

注意点が全部しっかりできるとスムーズに板が走り出しますよ!

フィンは、もう少しかためが良いですね!

 

Iさんは、いいツッコミをしていました。yes

最初は前回と違うブレイクにあわせられずにいましたが、コツがわかると、ホレホレのショアブレイクにがんがんテイクオフしに行っていました。

横に走れるのに、目線が前しか見ていなかったり、なんとなく斜めを見ていたので走れていません。

行きたい方向を見続けることが大切です。

波側のレールに荷重して、目線を行きたい方向へ!

そうすると、波を横に走れるようになります。もっともっと楽しくなりますよ!

前回の大原の練習しやすい波とは違い、サイズは小さいけれど、ショアブレイクの強いポイントだったのでむずかしくて、ゲッティングアウトでやられていましたね。

波は常に打ち寄せているわけではないので、タイミングを見計らって飛び込むといいです。

 

お疲れ様でした。

また、いっしょに波乗りしましょう!

今シーズン、横に気持ちよく走れるようになりましょう~♪smiley

スクールコメント   2016/05/21   山崎 京子
タグ: