波乗りログ

スクールコメント

ボディボードスクール/11月16日ビギナーコース

今シーズン最後のスクールを行いました。

予定していた大原海水浴場は、南風の予報だったのに北東の風、

サイズも予報より大きく、ポイント移動することに。

御宿へ。オフショアで、いいコンディション!

いい練習ができました。

DSC05849.JPG

いままであまりフィンを使わずに、足のとどく所から波に乗っていたとのことで、

ビーティングの練習からしました。

あまり使っていなかった割にうまくキックできていました。

膝をもう少しだけ曲げて、水中にフィンを今より沈めるともっと進みます。

方向転換、うねりに合わせてテイクオフの練習もすぐに合格でした。

 

 

テイクオフ~波を横にすべる練習では、注意点があります。

●ノーズを押さえてうねりに合わせる時の姿勢が低くならないように。前のめりにならないこと。

●目線をしっかりと進行方向へ。なんとなく波の下の方を見ないこと。ボードは見たところに進んで行きます。目線のリードを練習しましょう。近くを見ている感じなので、今よりも波の上の方の遠くを見ましょう。

●波側のレールへの荷重を今よりも強くしましょう。波側レールに荷重できるように、波のフェイスにカラダを寄せるようにしてレールに荷重しましょう。

ロングライディングもできて、波もよくて、いいスクールでした!

ドルフィンスルーの練習、がんばってくださいね。

お疲れ様でした。

DSC05846.JPG

 

DSC05847.JPG

 

DSC05845.JPG

スクールコメント   2018/11/16   山崎 京子
タグ:

9月24日ボディボードスクールビギナーコース

北海道に帰省中の大地震で千葉に戻れなくなり、キャンセルになってしまったスクールを開催しました。大変ご迷惑をおかけしました。

スクールは、ビギナーコース、基本のレッスンです。

10年ぶりのボディボード、一度も習ったことがないということでした。

ボードとフィンはお友達から譲り受けたものとのことで、チェックしましたが、ちゃんとしたものでした。これからも使えますので大切にしてくださいね。

ボードは滑りにくいといわれて販売されていたものでしたが、滑りました。

サーフィン用のワックスでよいので、教えた場所につけて練習してください。

DSC03432.JPGスクール後半はライディング写真を撮影の予定が、波に酔ってしまい体調不良で中断。この写真は、別の日ですが、こんな感じのコンディションでした。

以前にもスクール中に船酔いのような症状で気持ち悪くなってしまった方がいましたが、乗り物酔いのひどい方から聞いたところ、その方は、酔い止めのお薬を飲んでやることもあるそうです。

疲れていたり、寝不足で海に入ると気持ち悪くなることもあるので、そんなときは無理せずに一度海から上がり、休みましょう。それでもだめなときは、せっかく遠くから波乗りにきたけれど、海に入るのをやめましょう。そんなときは、人の波乗りを見学するのも勉強になりますよ。

 

それでは、今回のスクールについて書きます。

練習した内容は、

ゲッティングアウト(沖に出る)

ビーディング(フィンでキックする)

方向転換(波に乗るために振り向く)

ここまでは、一発合格でした。

次は、テイクオフ(波に乗る)練習です。

うねりに合わせてキック開始~ノーズをおさえつつ波側レールに荷重~目線を進行方向ショルダー遠くへ。

まずはうねりに合わせてまっすぐに滑り降りる練習をして、できたので、

斜めに走る!ここまで練習しました。

途中体調不良で中断してしまったので、ここまでを自己練習してください。

これは、ボトムターンのための練習です。

ボディボードはスープ(手前の白い波)でも練習できます。

波の大きいとき、自信のないときは、無理せずに、足の届くところまで入って砂浜までの間で練習しても良いです。

よくがんばりました。

お疲れ様でした。

 

スクールコメント   2018/09/25   山崎 京子
タグ:

8月13日(月)ボディボードスクール

久しぶりのスクールです。

最近は、スパイナルトレーニングに出ていることが多いのでスクールをあまり開催していませんでしたが、本日は、真夏のボディボードスクール ビギナーコースとライディングチェックコースを行いました。

DSC02042.JPG風強い時間帯は、カレント強くポジションキープが難しかった。

しかし、風弱い時間帯はこんなにいい波でした~。

DSC02041.JPG

 

DSC02048.JPG

スクールの写真はこちらです。

Gさん、スクール中にたくさんたくさん注意点を説明しました。

何度も練習してくださいね。

姿勢、目線、波側レールへの荷重を強く!

DSC02056.JPG写真は、レギュラーへ走ったほうがよかったですね。しかし、サイズのある波にテイクオフできました!

 

DSC02057.JPG

 

DSC02058.JPG

 

DSC02059.JPG

 

DSC02060.JPG

 

DSC02061.JPG

 

DSC02062.JPG

 

DSC02063.JPG

 

DSC02064.JPG

 

DSC02093.JPGDSC02094.JPGDSC02095.JPGDSC02096.JPGDSC02097.JPG

目線が下を向くとテイクオフ失敗しますね。

下を向かないように、練習あるのみ。がんばって直してください。

 

 

DSC02069.JPGKさん。

DSC02070.JPG

DSC02071.JPG

DSC02072.JPGKさん、テイクオフが安定してできません。

ノーズをおさえながらキックしているうちに前のめり・・お尻が浮かぶとうまくボードが波の力を受けられず・・テイクオフ失敗・・

何度もやっているうちに、だんだんと・・

DSC02085.JPGDSC02086.JPGDSC02087.JPGDSC02088.JPGDSC02089.JPGDSC02090.JPGDSC02091.JPGDSC02092.JPG形になってきましたね。

波側腰に荷重できるように、胸を起こして!

姿勢、目線に気をつけて練習してください。

 

天気が良くて、楽しいスクールでした。

 

 

 

スクールコメント   2018/08/14   山崎 京子
タグ:

10月1日ボディボードスクール/ビギナーコース

今日は、キッズスクールです。

夏休みにご予約いただいたのに、残念なことに台風で中止・・

今回は急に決まったスクールで、ウェットスーツ、フィンやボードの準備がたいへんでしたね。

波のコンディションは・・

オフショアのポイント予定が急きょ変更になり、オンショアでしたが、波数が多くて、適度にカレントもあり、ゲッティングアウトしやすくて、風良くないので人がいなくて、いい練習が出来ました。

 

それでは、今日練習したときの事を書きますね。

りょうくんは・・・

●テイクオフの時に下を見てしまうところを直してください。顔を上げて、遠くを見ましょう~。

●波に乗るときは、上体を低くしないこと。

●波をすべりおりながら、進みたい方向を見ると、見たところに進んで行きます。練習してみてください。

●気をぬくと、フィンが水面をたたいています。しっかりしずめてキックしてください。

 

れんちゃんは・・・

●テイクオフの時、ボードの前をおさえる力が弱いです。どうしてそうなるかというと、ボードの前(ノーズ)をおさえる時に、体がボードの下のほうにずれてしまいます。正しい乗り位置で波に乗れるようにしましょう。ウェットスーツがすべりやすいので、すべり止めのワックスをつけて練習してください。

●波に乗るときは、下を見ないで顔を上げて。

 

りょうくんは、あまり深く考えず、とにかくとにかく来た波をつかもうとがんばりました。

タイミングが合ったとき、うねりから波をすべることが出来ました。yes

れんちゃんは、よくよく考えて、手順をしっかりやろうとしていました。

タイミングを合わせられたときに長く走れました。yes

くりかえしの練習で、どんどんできるようになりますよ!

いっしょに波乗りできて、先生もとても楽しかったです。

また、ボディボードしたくなったら、またスクールにきてくださいね!

いっしょに波乗りしましょう~!smiley

 

 

スクールコメント   2016/10/02   山崎 京子
タグ:

9月25日ボディボードスクール/ビギナーコース

基本のスクールを開催しました。

テイクオフの練習です。

いつものポイントではなくて、ロングボーダーの多いポイントで行いました。

ビーティングと方向転換は、安心して出来るほとんど割れていないところで練習して、1発合格!

テイクオフの練習に入りました!

ビーチでのイメトレでは出来ているところが・・

実際に波で練習すると出来ません・・

改善点を書いておきます。

自己練習してみてくださいね。

①テイクオフの時、ノーズを押さえるときにボード上の体の位置に注意。下過ぎるとブレーキがかかってしまうし、ノーズをしっかり押さえられなくなります。カラダが下にいってしまう原因は、デッキが滑っているのかもしれないので、教えた位置にワックスをつけてみてくださいね。

②テイクオフのノーズを押さえる時の目線が低すぎる。近くの水面に目線を落としています。練習するときに、常に注意してください。みたところに進んでいきますよ。

③スクール後半は、ビーティングが浅くなっていました。疲れてくると足を水中に沈めずらくなります。何度も海に入り、ラウンドをこなしているうちに体力はつきます。寒くならないうちに海に通って基本を体に覚えこませましょう~!

 

最後に・・

お疲れ様でした。

ボディボードは繰り返しの練習が大切です。

何度も何度も練習して、手順をカラダに覚えこませてください。

また習いたいことが出来たら、一人でやる自信がなかったらスクール受けに来てくださいね。

 

カメラの充電なくて、写真撮れませんでした・・

 

スクールコメント   2016/09/25   山崎 京子
タグ:

8月3日ボディボードスクール/ライディングチェック

午後から集合のスクールです。

ワイドなスウェルが入っていて、どのポイントもダンパーコンディション。

ブレイクの方向は、グーフィー。

だけど、レギュラー方向でライディングチェックをしました。(2名ともレギュラーが得意とのことです)

レギュラーは閉じてしまう波がほとんどで、むずかしい・・。ショルダーの切れた波は、端っこのショートな部分だけ。

グーフィーがロングで出ていましたが・・

両方向乗れると良いです。これから練習していきましょう!

波のサイズは、腿、腰、腹前後。ごくたまにワイドな胸くらいのセットあり。

スクールが終わって、自分が上がるときに乗ったグーフィーの波、良かったですよ。

 

あまり波乗りできていない、Fさんは、ワイドなうねりでポジションがつかめていませんでした。

テイクオフポジションが奥過ぎて、ぬけられないところから板を出していました。

スクール後半は、ショルダーが切れた波がわかって来ましたね。

1本いいレールの使い方が出来て、やっと走れました。

目線と姿勢に気をつけて、波側レールを長く入れる!

フルレールをキープできるように、腰荷重とヒジ荷重、何度も練習してください。

腰への荷重がいまいちで、テールが浮いた感じに気づきましたね。

気づいた事が良いです。チェックした点に気をつけて、自己練習で直してください。

●波側のレールにカラダを寄せて、フェイスにへばりついていく。

●上体を低くしない。低いと波側腰の荷重があまくなる。

●肩をフェイスに寄せていく。

●目線は自分の乗る波のショルダー遠くへ。近くのなんとなく水面を見ないこと。

 

フィンが新しくなり、テイクオフの出だしが良くなりました。

仕事が忙しいようですが、夏の間にもう少し波乗りしてください。

そして、以前のところまで戻しましょう~!

 

 

トレーニングと波乗りをがんばる、Kさんは、

ビーティングのバランスがとても良くなりました。

以前は力任せに、がむしゃらに漕いでいたけれど、今はスパイナルのトレーニングで体幹部を鍛え、インナーマッスルを柔軟に、股関節、肩甲骨の可動域を広げるトレーニングをしてきたので、スムーズに進み出せて力みが出なくなりましたね。

技の成功の妨げになる、肩の力みもずいぶん取れましたね。

スピンは、上体が低いところをチェックしたら、1回いい感じで出来ました。その感覚を忘れないでください。

ダブルでかけるスピンについて説明しました。かけるタイミングで、上体の使い方が変わるところ、その2種類出来るように練習してください。

ロロは、たてに上がるときの目線、手でコントロールしようとしているところをまずは直してくださいね。カラダとボードがばらばらにならないように。

ボードは調子が良いみたいなので、コンテストで迷わず使うといいですね。

いい結果が出せるように、技の成功率アップ、練習がんばって!

トレーニングは、いらない筋肉が取れてきて、カラダの形が変わり、しなやかな筋肉に変わっていているので、さらに進化系も取り入れられるようになると良いですね。

 

 

 

 

スクールコメント   2016/08/04   山崎 京子
タグ:

7月24日ボディボードスクール/ライディングチェック

13835480_85...

今日はライディングチェックコースです。

オンショアの風波で意外とサイズあります。

レギュラーオンリーでしたが、波数多く、いい練習が出来ました。

13835517_85...天気が良くて、ビーチにはたくさんの人が集まっていました。

海水浴場がオープンしたため、危険な人が手前にたくさんいて、よけて走ると縦には上がれません・・

しかし、まだ、たての動きまで行っていなかったので、テイクオフ~ボトムターンのレールの使い方を中心にレッスンしました。

波のサイズは、腰、腹、アウトで胸くらい。

 

今日もファミリーで波乗りに来ていた、あずさ2号さんが写真を撮ってくれました。

ありがとうございました。

 

 

少し間の空いていたSさんは・・・13835957_85...   13835641_85...

まずは、海に慣れるところから。

久しぶりに海に入ると、ゲッティングアウトがきついですよね。

波数が多く、セットが入るとカレントも強かったので大変でした。しかし、海全体を見て、サイクルをあわせられるといい波をつかめるし、流されなくなります。

慣れてきてポジションキープも良くなりました。

自分のボードではなかったのでかなりやりにくかったと思いますが、ノーズの押さえがあまくて、なかなかテイクオフできませんでした。

しっかり押さえて、進行方向へ目線を向ける練習からはじめました。

注意点を書きます。

●波側レールに荷重できていない。波のフェイスにカラダを寄せるようにしてみましょう。

●テイクオフの出だしが良くなったのに、その後、肩をすぼめて上体が低い。もう少し姿勢を高く保ちましょう。

ヒジと腰にしっかり荷重しましょう。

●波乗りの体力がかなり落ちています。できるだけ海に入って体力アップしてください。

●どの波が良い波なのか、判断があまり出来ていません。ラウンドをこなして、良い波を選べるように、波を見る力をつけましょう。

がんばって、以前のところまで戻して、また、フロントスピンがかけられるようになりましょう!smiley

 

 

初参加のヨッシー・・・

波数多いのに、すいすいゲッティングアウト、サイズのある波にもがんがんテイクオフ出来ます。yes

プルアウトも良いですね!yes

注意点を書きます。

●テイクオフの時、うねりにあわせるのが遅い。

ワンテンポ早いタイミングで漕ぎ出し、うねりからテイクオフ、ブレイクするときにはターンしてください。

●テイクオフの時に見ているところが悪い。近くを見ている。

自分の乗る波の横へ目線のリード、そして、今よりももっと遠くを見ること。

●テイクオフの時に波の斜め下へなんとなく降りている。走らせていないのに手を持ち替えている。

波側レールの腰の辺りに荷重していませんでした。コレができないといいターンが出来ません。ラインは波の下へ向かってしまい、縦に上がることができません。早めに波側レールに荷重して、レールを長く入れて走らせる事。そのときに手を持ち替えないこと。

●ボード上での体重移動をほとんどしていない。

フルレールになったら、波側レールにしっかり荷重しつつ、前側に乗り込んでスピードアップしましょう。ひじの使い方ももっと練習が必要です。これからスピードコントロールも意識してください。

13843579_85...

直すところがたくさんあります。

写真は、私のテイクオフ~ターンです。こんな感じをイメージして練習しましょう。

家でイメトレしてください。イメトレは効果大です。

ますみ塾先生から、ウルワツが乗れるように・・とのことなので、普通よりも厳しいです。

ツッコミが良いから、大きい波、パワフルな波でもテイクオフすると思いますが、ターンして走って、波をメイクできるかというと今のままではムリです。

とにかく、レールをうまく使えるようにならないとだめです。

今日は、ちょっとだけよくなりましたよ!

レール荷重、目線を自己練習して来てください。

でも、上達できます。がんばって!!smiley

 

 

 

スクールコメント   2016/07/25   山崎 京子
タグ: