波乗りログ

7月23日ボディボードスクール/ビギナーコース

ビギナーコースのスクールを行いました。

基本のレッスンです。

波のサイズは、腿~腰~腹、オンショアの風波が乗っかって、アウトのセットは胸くらいに感じました。

波数多く、たくさん乗って練習が出来ました。

13823276_85...ファミリーで波乗りに来ていた、あずさ2号さんが写真を送ってくれました~

ありがとう!!

 

13734656_85...

 

ビーチでストレッチ、波の乗り方を説明、海で実際に練習しました。

今日のスクール生は、まったく初めてじゃないし、自分の道具、ウェットスーツを持っているので、

ビーティングと方向転換はおさらいという感じで、

テイクオフ~ターンを中心に、ドルフィンスルーまで行いました。

それでは、注意点を書きます。

自己練習の役に立ててください。

 

13844209_85...

 

 

Kさんは・・・

積極的に、たくさん波に乗りました!yes

テイクオフの時にボードのテールの方(下)にカラダが滑っていて、しっかりノーズが押さえられませんでした。

ワックスを塗って滑らないようにしました。

スクールが終わってから塗りなおしたので、自己練習でいい位置にカラダがあることを確認してやってみてください。

手の持ち替えが早すぎたのを指摘したら、わかりましたね。

波を滑り降りるときの目線を練習してください。

今よりももっと横で良いんですよ。13814507_85...

波側のレールの荷重が弱いです。ボードのレールの腰の乗る部分にワックスをたっぷりとつけたので、今度は荷重しやすいですね。

自己練習して、家でイメトレして、また習いたいことが出来たら、スクール受けに来てくださいね。smiley

 

 

Oさんは・・・

ボードのデッキのワックスはつけすぎでした。

まずは、家にもどったら落としてくださいね。

前後の体重移動がしにくかったですね。

波を滑り降りつつ、ボードを体の下に引き込む動き、ワックスを取ったボードで練習してください。

斜めテイクオフの練習では、なんとなく感じがつかめてきたようです。yes

13815240_85...

13835641_85...

潮が引いてきて、ショルダーの切れた波が少なくなってしまい、むずかしかったですが、レールを使って走れていたのもありました。ただ、まだまだレールへの荷重があまいです。目線、顔の向きもしっかりと。

肩の力を抜いて、波側にカラダを寄せて走らせましょう!smiley

また、わからないところが出てきたら、スクールを受けに来てくださいね。

家では、イメトレもしっかりとやってくださいね。

フィンソックスは薄いのが在庫ありました。希望がありましたら言ってくださいね。

 

 

最後に、

今日はいい練習が出来ました。

最後にひとりずつアウトから乗った波はサイズありましたね。

ドルフィンスルーは、手順を説明しましたが、練習あるのみです。

人の邪魔にならないところで、何度も練習してください。

そして、早く膝が使えるようになるといいですね。

 

波乗りのルールも説明しましたが、ふたりとも、まだ混んでいるポイントではうまく人をよけられないと思いますので、十分注意して練習してくださいね。

お疲れ様でした。

 

 

 

スクールコメント   2016/07/23   山崎 京子
タグ: