波乗りログ

7月16日ボディボードスクール/ビギナーコース

初めてのボディボード体験です。

クラブハウスのある、大原海水浴場で行いました。

まだ、海開き前なので正面で出来てラッキーでした。人も少なくなり、いいスクールが出来ました!

波のサイズは、腿~腰前後、オンショアで波数が多いコンディションでした。

 

ビーチでストレッチ!ボディボードで使う筋肉を重点的に伸ばします。

以外かもしれませんが、初めてボディボードをした方のほとんどは、腕、肩が筋肉痛になります。

そして、フィンを使ってキックするため、脚がつらないようにしっかりと伸ばします。

 

次に、波の乗り方の説明、フォームの練習!

いよいよ海へ!

 

海の中では、フィンでキックする、ビーティングの練習、

方向転換、波に乗るときの手順の練習をしました。

そして、波を捕まえて滑り降りる、テイクオフの練習!

 

注意点を書いておきます。

自己練習してください。

●ナオキクン・・・タイミング良く波にあわせられて、2本ロングライディングが出来ました!スピードがついて、気持ちよく走れましたね!!yes

ここに気をつけて

①キックの時に、フィンが水面に浮かんでしまわないように!もう少し水中を漕げるとよいです。水をしっかり捕らえて推進力が出るように。

②テイクオフの時にお尻が浮かんでしまいます・・。胸を起こして、下を向かないように、姿勢に気をつけると良くなりますよ!

 

●かおりさん・・・ボード上でのバランスがとても良いです。手の持ち替えまで進めました!いいテイクオフが出来たときは安定して滑れました。yes

ここに気をつけて

①ノーズを押さえるときに、ボードの乗り位置に注意です。下のほうに乗っていると、しっかりノーズを押さえられません。ノーズを押さえすぎるとノーズが水中に入ってしまいます。ちょうど良い加減を何度も練習して覚えてください。

②手の持ち替えの時の目線がもっと練習が必要ですね。反対を見てしまわないように。繰り返しの練習で、体に覚えこませましょう。進行方向を見る、前の手の方向へ目線を向けましょう。出来たら前の手の側、ボードの横(レールに)荷重してみましょう。

③疲れてくると、フィンが浮いて水面をたたいてしまいます。脚をしっかり沈めて、水を捕らえたキックが出来るといいですね。

 

この夏、たくさん練習できるといいですね。

波に乗るのは、普通のスポーツとは違って、動いている波に合わせる必要があるため、たくさん海に通って経験すると良いです。

自己練習して、また、習いたいことが出来たら、ぜひまたいっしょにボディボードしましょう!!

練習、がんばってください。smiley

 

 

スクールコメント   2016/07/17   山崎 京子
タグ: