波乗りログ

2016年Gランド1日目

Gランドトリップの事を書きました。

カメラを壊してしまい修理中・・直るの待っていたら記憶がなくなりそうなので、

とりあえず、文章だけ載せました。

 

 

6月17日にバリへ

一年に一度の修行の旅へ

バリの空港からGランドオフィスへ

キャンプの予約をして、オフィス近くに一泊

翌朝、KUTAリーフの前のビーチから高速ボードでGランドサーフキャンプへ

私たちは、いつもボビーズキャンプです。

 

 

到着!

ボートは今回は揺れなくて、はねなくて、快適でした。

4~7フィートの予報

予報どおりのサイズ

早く入らないと潮が足りなくなる・・いそいで部屋を決め、レストランで食事、

海に飛び込んだときは、すでに潮が引きはじめていてゲッティングアウトの時に通るところは底のリーフが見えている。

30分くらいうねりの方向合っているポイント、マネーツリー~ランチン~スピーディーズで乗ろうとしたけれど・・

想定外の水温でボードがしなりすぎてコントロールできない・・

テイクオフするときでもノーズ押さえるとしなる・・

ドルフィンスルーでも波打つくらいしなる・・

乾季のGランドは、いつも寒いくらいの水温なんだけど、今回は雨季のよう

水着でも動くと暑い、気持ち悪くなるくらい蒸し暑い。

私はリーフで怪我をしないように、いつものロングジョンだからウェットの中に水を入れながらカラダを冷やしながらの波乗り。

どんどん潮が引いて、30分でスピーディーズ終了、だんだん集中できなくなり、コングスへ移動しました。

うねりの方向がいまいちなので空いている。

とりあえず、しなりに慣れるためにテイクオフの練習です。

大きなピークの波で、カレント入るのでショルダー張らない波。

ブレイクは良くないけれど、テイクオフの時のフェイスはつるつるで、7フィートオーバーありそうな波に2本ドロップしました。

長くは乗れない波だけど、サイズのあるテイクオフ!久しぶりの感覚です。

コングスはカメラのボートからは写真は撮れないから、一日目の写真はまったくなしです。

しげさんと、いっしょに行ったシュンがいい写真残しています。

シュンのが特にかっこいい!流石です。

 

 

明日は去年調子のよかったボードで入ってみようかな~

と考えながら、ビンタンビール飲んで寝ました。

 

 

 

 

トリップ   2016/07/02   山崎 京子
タグ: